令和3年3月8日 悔し涙は無駄にしちゃダメです。

スタッフブログ
この記事は約4分で読めます。

皆さんは労働組合をご存知ですか?

労働組合はご存知かと思いますが、労働組合に入ったことはありますか?

団体交渉に参加したことがありますか?

介護の世界ではあまり聞きませんねぇ。

私は、大学を卒業してしばらく病院で働きましたので、組合がありました。

労働組合というと、「給料上げろ‼️」「残業減らせー‼️」ってイメージでしょうか?

介護の世界にも…というより介護の世界にこそ是非組合が必要と思いますが、今回はそこは割愛します。

経営責任は経営者にある。確かにそうですよね。売上をどう使うか…真剣に考えて頂きたい。

しかしながら、経営手腕だけでは売上は上がらない。良いものを売る、良いサービスを提供しなくてはお客さんは来ない。

お客さんが来ないと売上は上がらない。

良いものを売る、良いサービスを提供するのは現場の手腕です。

経営努力と現場努力があって会社は成り立つのだと思います。

ある若手スタッフが「風呂飯糞」だけやってても入居者の生活の質は良くならない、リハビリやレクリエーション、入居者ひとりひとりの望むこと、happyを提供しなくては‼️と言われたそうです。

皆さんはもしあなたがそう言われたらどう考えますか?

その若手スタッフは悔しい涙を流したそうです。

わかってる‼️やりたいと思う‼️でも今のスタッフ体制ではできない‼️余裕がない‼️最低限ではあるけれど「風呂飯糞」だけはしっかりやるしかない…「風呂飯糞」だけはしっかりやりたい‼️

すみません…「風呂飯糞」…大変失礼な言葉で申し訳ありません。

入浴介助に食事介助、排泄介助の三大介護こと。

三大介護だけをやっていればいいというQOLや個別支援を無視した介護を非難する言い方です。

確かに、経営サイドからギリギリの人員で回せ、質は上げろ…、売上上げろ‼️と言われたら、

無理難題言いやがって‼️

ってなりますよねぇ~。労働組合の団体交渉は決裂間違いなし‼️

何が優先されるのでしょうか?

まずは、スタッフを揃えてから始めましょう…❓️

それとも、スタッフ増員分売上が増えたらスタッフ増やしてそれからね…❓️

いや、何が何でも今すぐサービス提供内容改善がさき…❓️

私たちが悩んでいる間にも入居者の人生は流れ、いやがおうにも最期は近づいている。

ここで、団体交渉が決裂しない経営者と労働者って?

人もお金も限りがあります。

限られた人員とお金の中で模索しなくては。

お金に無駄はない?業務に無駄はない?

無駄ではないけれど、これはしばらく我慢しよう…

いつもなら、10分かかるけどもうちょっと短くならないかなぁ…

あと1人分の人件費なんとか捻出できない?無駄になってる経費ってないかな…

きっとどこかに隙間があるはず❗happyは周りにはたくさん転がっている。

てっちゃん、歩行器で歩けるようになったね。車椅子にはならなかった。

アイコさん、ほたるでもお風呂に入れるじゃん!

エツコさん、眉間のシワ減りました。お盆拭きも手伝ってくれます。

タツミさん、今日はほたるの日じゃないけど違和感なくほたるでくつろいでます。

お母さん、お父さんとまた一緒に過ごせるね。

きょうこちゃん、重い…仕方んなかその癒される微笑に免じて頑張るさぁ~、でもダイエットするか、頑張って動けるようになって!

スミエばあちゃん、頑固だけど頑張って話をしてわかってもらった!

たくさん、出来てることあります。もちろんそれは大変だけど頑張ったし、頑張ってます!

これ以上どこ、頑張ったらいいの?もっとがんばれってかあ⁉️

もしかしたら、頑張り過ぎなのかもしれない…

スタッフひとりひとりは頑張ってる。しかも、その結果がたくさんhappyを生んでます。

みんなでやれることない?この際だぁ❗手抜きできること探しちゃえ❗手抜きした分は別に回す。

スタッフの悔し涙はきっと頑張ってる証です。頑張ってるからこそ流せる涙…

今夜もみなさん、ご自分の寝床に戻りお休みされました。

今日も1日が終わります。「おやすみなさい」とスタッフに声をかけられながら。

当たり前の日常だけれど、当たり前の安心感と日常こそ難しい…

そこだけ、切り取り貼り付ける訳じゃない。

切れ目のない当たり前の日常と安心感を提供出来て叶えられることと思うのです。

シフト…と言ってしまえばそれまでだけど、あなたのデイの日常があって夜勤の兄ちゃんの今夜がある。

もっともっと一緒にやれること、考えられること、アイディアはあるはず。

今夜も平穏でありますように…。

認知症になった「認知症の権威」長谷川和夫氏が選ぶ検査・治療・施設(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース
「長谷川式認知症スケール」を生み出した認知症の権威、長谷川和夫氏(92、認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長)が自身の認知症を公表したのは4年前のことだった。
タイトルとURLをコピーしました